コラム

【コラム】後継者が経営者になる準備をしていないと、会社をつぶす!?

【コラム】後継者が経営者になる準備をしていないと、会社をつぶす!?

筆者:大川原 基剛
後継者の学校 代表取締役
中小企業診断士

<後継者のマインド>

「後継者が経営者になる準備をしていないと、会社をつぶす!?」

企業の後継者は、経営者になる前から経営者になる準備をしていないと、継いでから多くの問題に直面し、経営者として問題に対して的確に決断することができずに経営をすることになり、結果的に最悪の場合会社をつぶしてしまうことになってしまいます。
また、つぶさなかったとしても、突然経営者となってから10年間は打ち手がわからず苦しみのなか経営することになってしまいます。

あなたが”後継者”だったとして、明日経営者が倒れたら、すぐに経営できますか?

できる!という方、素晴らしいです。事業承継の準備をしっかりとされてきたのだと思います!
後継者は、いつでも経営者と変われるために準備しておかなければならないのです。

計画的に、来るべきタイミングに備えて準備をすることが望ましのですが、もしかしたら突然そのときが訪れるかもしれないのです。

たとえ経営者が今元気だったとしても、いつ何がおこるかわかりません。
経営者が経営できなくなること、これは会社にとって大きな大きなリスクなのです。

では、準備をあまりせずに経営者となってしまった後継者がどうなってしまったのか、ひとつ事例を見てみましょう。

(事例)事業承継の準備をしないで経営者になってしまった後継者のケース

株式会社T食品工業
売上高20億円、従業員50名
*関連会社あり
田中正(父)65歳:代表取締役会長
田中一郎(兄)40歳:代表取締役社長 ※後継者
田中次郎(弟)35歳:従業員
田中勝(叔父)60歳:取締役営業部長

加工食品の製造、販売を業とする株式会社T食品加工の後継者,田中一郎さんは、3年前に代表取締役社長に就任しました。ただ,その際同時に,父で前社長の田中正さんが、代表取締役会長に就いたため、実質的な経営権は父の正さんが握ったままで,一郎さんが経営者として意思決定することはあまりありませんでした。

でも,一郎さんは、それでもよかったのです。
自分が経営する自信はなかったし、むしろ、まだ元気な父が経営をしてくれるなら、自分は何もしないでよいと思い。気が楽になっていました。

一郎さんは、後継者の時、銀行が主催する後継者塾に200万円を出して通ったことがありました。ですが,今となっては何を勉強したのか、まったく残っていなかったので、経営することに対してはよくわからず、受け身だったのです。

そんなある日、父で会長の正さんが突然倒れました・・・。
幸い、命に別状はありませんでしたが、長期入院をすることになってしまいました。

病室のベッドの上で父である正さんは、一郎さんに告げました。
「おれはもう経営することはできない。お前も、もう社長なのだから自分で経営をはじめてくれ。」
といって、印鑑と通帳を渡したのです。
「え・・・」
突然の申し出に、言葉を失ったのですが、少しして気を取り直し、
「今、おれがやらなければだれがやるんだ!」と、
ふつふつと「親父の代わりに、やってやる!」という気持ちが
湧きあがってきました!

しかし・・・実は、そこから地獄の日々が始まったのでした・・・。

次の日、一郎さんが会社に行くと,従業員はみんな,会長の事情を知っていて、全体的に重い空気になっていました。

「これからは、おれがしっかりしないといけない。おれがみんなをひっぱるんだ!」
そう思い、一郎さんは気持ちを高めて、全従業員を集めて話をしました。

「親父が倒れたことは、みんな知っていると思う。
これからはおれが経営者となって、この会社を導いていこうと思います。みなさんよろしくお願いします。」

従業員はみんな,一郎さんの話を聞いていましたが、だれも反応しませんでした。
いえ、反応できなかったのでしょう。一郎さんは,従業員の目が,期待ではなく、不安に溢れているように感じました。

夕方になり、3人の社員が一郎さんのもとを訪ねました。

(従業員)「こんな時に申し訳ないが、やめさせてほしい。」
(一郎)「え、なんで?」
(従業員)「俺たちは、会長に育てられて、会長に恩義があるから今までやってきたが、一郎さんの経営についていくつもりはない。」

一郎さんは、従業員との信頼関係を作るためのコミュニケーションをほとんどしていなかったので、こんなときに引き留めるすべを知りませんでした・・・。結果、引き留めも虚しく、3人は辞めていきました。

また、一郎さんは、決算書を見たことはありますが、財務のことはよくわからず、会長と経理担当に任せていました。
しかし,経営するためには、財務を知らないといけないだろうと思い、一郎さんは,経理担当に
「会社の財務について教えてほしい!」
と相談をしましたが、帰ってきた返事は、
「一郎さんは、財務なんてみなくても大丈夫です!自分がちゃんとやってますから!財務状態も良好ですし!」
といったものでした。
それを聞いて少し安心したのですが、なにか違和感も感じた一郎さん。友達である税理士の山田さんに当社の財務状態を確認してほしいと相談をしました。

そして,なんとか情報をかき集め、山田さんに確認をしてもらうと,その結果、
「複数の会社を経由する取引等をしていて、実際の財務状態が見えにくい状態になっている。情報が足りないので定かではないが、もしかしたら実質的には赤字かもしれない。また、もしかしたらだれかが横領しているかも・・・」
ということが判明したのです。

一郎さんは、自分は社長だったのに何も知らなかったと反省するとともに、でもそれを知って、経営者としてどうすればいいんだろう・・・とさらに頭を悩ませてしまいました。

このように,蓋を空けてみると,事業自体はうまくいっていなかったのです。食品加工の現場には日々出向き、関わっていたのに、うまくいっていなかったなんて、一郎さんはまったく知りませんでした・・・。

事業を立て直さなければ・・・・・でも、経営者として何をすればよいのだろう・・・。

一郎さんは、事業が赤字、財務状態は不明確、しかも人が辞めていく,という状態で、
それでも、なんとか会社を復活させなければ!と、寝ずに1から勉強をしたり、さまざまな人に相談したりして、苦しみながら必死に経営して、もがきました。

しかし、やることすべてが裏目にでていくのです。

専門家とともに新たな評価制度を導入し,従業員のモチベーションアップと働き方改善を試みましたが、逆に従業員から信用を無くすことになりました。

このように一郎さんは、専門家に相談していたし、経営の勉強もしていたので、経営のための知識はなんとか得ていましたが、「後継者が経営する」ということがどういうことかまったくわかっていなかったのです。

・・・・それから、2年ほど経ち、苦しみもがきながらも、なんとなく経営者としてやるべきことが見えてきたころ、父親である正さんの容態が急変し、他界しました。

母親は亡くなっていたため、相続は弟の次郎さんと一郎さんの二人で行なうことになりました。そして,生前父から仲良くするようにと言われていたので、二人は,遺産分割において会社の株式を等分するということになり、その結果,父の保有していた800株(80%)を、一郎さんが400株(40%)、次郎さんが400株(40%)で相続することになりました。
ちなみに、のこりの20%の200株は、叔父で取締役営業部長の田中勝さんがもっていました。

正さんの御葬式が終わり,相続関係の処理も終わったある日、弟の次郎と叔父が社長室にやってきて、こう告げました。
(次郎)「一郎さんの経営では会社がつぶれてしまうので、これからは俺がやるから」

(一郎)「?!。どういうこと?」

(次郎)「叔父さんと俺とで60%の株式を所有しているから、取締役を解任できるんだ。兄さんには辞めてもらうよ。」

(一郎)「!!!!!!」

一郎さんは,株式について何も知りませんでした。当たり前に相続時に二郎さんと半半にしていたのです。言うまでもなく,叔父さんの持分など頭にはありませんでした。

兄弟だから、親族だからと安心して、信用していましたが,気がついたときには時既に遅し。いままで寝ずにもがいてきた努力も水の泡、一郎さんはくやしさがこみ上げてきましたが、どうすることもできませんでした。

一郎さんはこれまでを振り返り,経営者として何も知らなかったこと、そして経営者になるまでに何の準備もしていなかったことを、深く深く後悔したのです。
これから、どう生きていけばいいんだろう・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、決して特別なケースではありません。
よく聞くお話です。

では、この事例で一郎さんが失敗してしまったポイントはどこだったのでしょうか。

大きく2つあります。
まず、

1.経営者になる準備をしていなかった。

一郎さんは、会長である正さんがいずれ引退することはわかっていたのに、いつでも経営者になれる準備ができていませんでした。
準備をしっかりとしていれば、突然の経営者交代でも対応できたかもしれません。

当たり前ですが、社長という肩書だけで経営をすることはできません。
経営者として経営をするためには、物事を決断する覚悟,経営者としての行動力・思考、そして,経営するための知識が備わっている必要があります。
しかし、一郎さんは、会長が経営してくれていることに甘え、経営者になるために自己研鑽を怠っていたのです。もちろん、このような状態では,経営塾で学んだことなど,活かせるはずもありません。
そのため、突然経営者になっても、なにもできず,もがくしかできなかったのです。
さらに,このような経営は,回りに大きなマイナスの影響も与えます。頼りない経営者を見て,従業員は不安でしょうがなくなります。取引先も不安が募ります。
経営者が経営できないというのは、自分だけの問題ではないのです。

2.会社のこと・経営のことを知らなかった。

一郎さんは、会社のことを知りませんでした。決算書の表向きの数字だけを信じ,本当の意味での財務状況が分かっておらず、また,現場と関わっていたにも関わらず事業が儲かっているかわかっていませんでした。

また、後継者が経営するということがどういうことかも知りませんでした。

組織について、従業員の気持ちや考えていることがまったくわかっておらず,さらには、株のこともわかっていなかったのです。

このように一郎さんは,後継者として事業を承継して経営するということについて、何もわかっていませんでした。その結果、経営者となってからの打ち手はすべて裏目となり、会社を衰退させてしまったのです。
会社を衰退させ、退任させられた原因は、すべて後継者である一郎さんにありました。

なぜ、一郎さんは、経営者としての準備をせず、会社のことをわかっていなかったのでしょうか。
その原因の根本は、なにか?

それは、一言でいえば、経営者になることに対して受け身だったからです。
もしかしたら本人は受け身だと思っていなかったかもしれません。当時の彼にインタビューをすれば,「仕事は頑張っているし,社長として振る舞っている」と答えるかもしれません。しかし,一郎さんは,傾斜となった後の対応がすべてが後手後手になってタイムオーバーになってしまいました。
一郎さんは、いつでも経営者として変われるように、経営者としての自分を磨き上げ、また、会社の状況を把握して手を打てる状態を作って、準備をしておくべきでした。

では、具体的には、どうすればよかったのでしょうか。
どう考えて、どう鍛えればよかったのでしょうか。

それは、本講座でお伝えします。
→ベーシックコースは、こちらをごらください。

まずは、入門講座で大事なことを学んでみてください。
→入門講座は、こちらをごらんください。

Return Top