後継者の声

今月の後継者 「H.Iさん」

今月の後継者 「H.Iさん」

b06868_978fecb2799948a5afa88dda86c9d183-mv2インタビュー日時  2016年8月1日

後継者氏名  H.Iさん (東京校 第2期生)
企業名    非公開
事業内容   ソフトウェア開発関係

 

後継者の学校は、どんなところでしたか?

学校というか、塾という感じでしょうか。
放課後、やる気のある友達同士で好きな科目を一緒に勉強している感じ。で、終わったら一緒に遊んで帰るような感じですね。

後継者の学校とは、どのように出会いましたか?

Webで「後継者育成」「後継者教育」というようなキーワードで探して見つけました。
だいたいものすごく高額な費用がかかるのに、後継者の学校はとてもリーズナブルで。桁が一つ違いましたからね。他のところでは、それだけ高額な費用をかけても果たしてそれに見合うだけのリターンがあるのか測りかねていたのですが、正直このぐらいならダメもとでやってみてもいいかなーぐらいの気持ちです。
紹介等で来る方が多いので、自分で探してくるのは珍しいと言われました。(笑)

後継者の学校へ入る前は何を期待していましたか?また、実際に入ってみてどうでしたか?

<期待していたこと>
似た立場で同じ悩みを持つ友達を作ること
体系的に経営者に必要なエッセンスを身につけること
<実際入ってみて>
期待していた以上に素敵な友達がたくさんできました。まさか講師の方とも友達になれる(と私は勝手に思ってます…)とは思っていませんでした。
今まで独学でなんとなく学んでいた経営の全体フレームをイメージできたので、自分に何が足りないか、何を学ばなくてはいけないかがよくわかりました。

後継者の学校で出会った仲間とはどんな関係ですか?

月並みですが、似た悩みを共有できる仲間…というか、立場が近く、逆に変なしがらみもないので思ったことをお互い言い合える関係です。悩んでいることや、ちょっと他の視点から意見がほしい時など、気軽に相談できるのがとてもいいです。飲み友達でもありますね。

後継者の学校では、どんなことを学びましたか?

これも月並みですが、ポイントを絞った経営のフレーム全体を学べました。もちろん、もっと細かく見ていけばたくさん色々なことがあるのでしょうが、今後追加でいろいろ学ぶにしても、これは枠組みのどの要素だな、ということがイメージできるようになってよかったです。経営の地図をもらった感じですかね。

特によかった学びはなんですか?

ズバリ事業承継とは、という本質的な部分でしょうか。漠然と「会社を継ぐ」と思っていたことが、本質的にどういう意味なのか分かって、腑に落ちました。(超友好的乗っ取りのところ)今やろうとしているスタンスが「これでいい」という風に思えてよかったです。
後は他の方も書かれていますが、「契り結び」は印象に残っています。私はすでに事業継承をした後だったので、改めてはできなかったですが、必要性やエッセンスを意識して、日々接するようにしています。

逆に難しかった学びはありますか?

わかりやすくして頂いているのだと思いますが、特に難しいというのはあまりなかったですかね。
強いて言えば、最後に総まとめとして自分で学んだことを皆に説明しなくてはいけなかったところです。
聞いている分にはいいのですが、いざポイントを説明しろと言われると難しい。本質がどこか押さえてないと説明できないことを実感しました。

運営やカリキュラムについて気になった点はありますか?

特に大きく気になった点はないです。
強いて言えば、演習等で使うケーススタディで、現実の事例を使ったものがあるともっと良かったかなと思います。(いわゆるケーススタディだと、一応答え的なものがあるので、答えのない実例の中でどう考えるか、というものがあったらもっとよかったです)

後継者の学校に来る前と比べて、H.Iさん自身どう変わったと思いますか?

愚痴を言える仲間ができて、孤独感が減りました。
また、やるべきことが明確になったので、自分の決断に自信を持てるようにもなりました。

最後に、H.Iさんは今後どのような経営者になっていきますか?

子供に自分がどんな経営をしているか、ちゃんと説明できる経営者でありたいです。
仕事を通じて従業員の人生が充実したものになり、かつちゃんと利益を出せる、きれいごととお金ごとを両立できる会社にしたいですね。(これ自体が夢物語のきれいごとかもしれませんが)

 

URL
TBURL
Return Top